知りたい情報は能動的に得る

こんにちは(^^)八王子ケンジです。今日は、『知りたい情報は能動的に得る』という投稿をします。

あなたは、知りたい情報を能動的に得る癖がついていませんか?



情報過多な現代においては、様々な新しい情報がすぐに、流れてきます。スマホにしてもパソコンにしても、すぐに新しい情報を得ることが出来るのが現代の流れであると言えます。だからこそ、欲しいと思った情報もすぐにスマホなどの手元に流れてきます。



でも、果たして本当にそれでいいのでしょうか?流れてくる情報には必ず、情報を与える人の主観が含まれています。そうした情報は要するに、自分が欲しい情報、以上の情報が含まれているんです。ある意味では、

「情報操作」

されているようなものです。



だから、情報はまず、自分でしっかりと得ることが重要です。とはいえ、現在においては、どの情報も必ず人の主観とか、誤った情報とかは含まれているので、何が正しい情報かなんてわかりませんが、それでも、ただ何の気なしに、機械から流れてくる情報を得るだけでは、基本的に自分で情報を精査する能力が失われてしまいます。



大事なことは、こんなにも情報が溢れる現代だからこそ、本当に必要な情報とそうでない情報をしっかりと自分の中で見極めることなんです。



そして、そのためには、極力必要な情報は自分から得にいくことが大切です。



例えば、スマホのLINEなどの連絡通知。基本的にはスマホは何も設定しないと、元の設定としては、新たな連絡が来ると、どんな操作をしているときでも、通知が来ます。そして、そうしている間に、元々操作している内容を中断して、来た通知の情報に目と意識が奪われます。



そうする度に、情報の操作を受けているのと同じになるんです。自分で能動的に得る情報以外は全て、基本的には情報に流されていると言えます。



もちろん、それが全てダメだとは言い切ることが出来ませんが、それでもやはり、基本的に受け取る情報というのは、相手側の意図が含まれています。



そうではなくて、自分で情報を受け取ること。本当に必要な情報だけに集中することが大切なんです。あなたが本当に必要な情報に意識を向けること。それが最も大切なことです。もし、あなたが今後、そのようなことを意識するのであれば、ぜひ情報は能動的に得るようにしてみて下さい。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です