他の人がやっていないことを、他の人にできないレベルでやること

おはようございます(^^)八王子ケンジです。今日は、『他の人にできないことを、他の人にできないレベルでやること』という投稿をします。

あなたは、そのくらいの努力、していますか??



努力の形は色々あると思います。でも、やっぱりここが重要になってくるんです。

すごくありきたりなことで、よく聞く言葉かもしれませんが、それでも愚直に、やっぱりこれが大切なんです。



努力する何かに向かって突き進むことは、ものすごく重要なことですが、やっぱりこの部分が重要になってきます。



何だかんだ言っても、やっぱりこの世の中は競争社会です。ただ、平凡と暮らしているだけでは、そこに辿り着くことができません。夢を達成することができないんです。



だからこそ、他の人がやっていないことをやる必要があります。でも、中々そう言うのを見つけるのって、難しいものなんですよね。人間は習慣の動物である。この言葉が指し示すように、全ての人間は『習慣』というベースの元で同じ行動規律を持っています。多少の差はあれど、ほぼみんな同じ反応をします。



例えば、人間が最も恐れる生物の一つG。怖いですよね。どんな人間であっても、急に出てきたときは、必ず一度はビックリすると思います。それは人間の行動の規律と呼べるものです。驚く度合い、程度は違いがあれど、誰もが皆、一度は驚くと思います。



そんな風に。『自分が特別』と思っていることも、実は他人もやっていることだったりします。だから、『他人がやっていないこと』を探し回っていたら、人生一回きりでは足りません。そこで、『他人でできないレベルでやる』という方法があるんです。



もしかしたら、多少他の人と被っているかもしれないことも、他の人がやっていない、真似できないようなレベルで実践すればそれが他人との差別化になります。



言葉で言うほど容易ではありませんが、それでも、あなたがその道を本気で突き進みたいと思うのであれば、それを愚直に繰り返すことが大切です。



あなたがそうして、本気でやればやるほど、自分自身を追いつめるほど、『他の人ができないレベル』=『他の人がやらないこと』となり、物ごとの優位性となり得ます。



だからこそ、大事なことは、常識を打ち破ること。それくらいの努力をすることです。その研鑽が未来に繋がっていくんです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です