やってみなきゃわからないことをやらないで達観するのはよそう。

おはようございます(^^)八王子ケンジです。今日は、『やってみなきゃわからないことをやらないで達観するのはよそう。』という投稿をします。

あなたは、やってみないとわからないことを頭で考えて二の足を踏んでいませんか??



世の中、やってみないとわからないことばかりがあります。どんな物事もチャレンジの上に、成り立つものなんです。チャレンジしないと本当の道は開くことはありません。



いくら頭が良くて、頭脳明晰、どんな物事でも卒なくこなせる才能を持っている人間であったとしても、実際にチャレンジしてみないと物事の成否はわかりません。計算能力だけでは、この世の中、生き抜くことはできないんです。



あなたは、物事にチャレンジする勇気を常に持てていますか??



人生を強くたくましく生きるためには、挑戦が必要なんです。



そして、そうした挑戦能力が低い人に限って、



『どうせ無理』



という言葉を使います。



『夢を見る前に現実を見ろ。』



という言葉で飾り立てて、あなた自身があなたの行く末を閉ざしてしまうことがあります。



テレビに映る人たちは成功者たちです。物凄い努力と辛酸を乗り越えたうえで現在があります。



それを見た僕達は、最初は憧れを頂きます。



『私もああいう風になりたい』



と。でも、しばらくすると現実に引き戻されます。



『どうせ無理。あんなのは一握りの人たちだけの話だ』



と。本当にそうなのでしょうか?仮に本当にそうだとしても、それがあなたがチャレンジしない理由となるのでしょうか??



僕自身、そうでした。一般常識から外れたような生き方を絶対にしたくなかったので、人が無理だということ、無理だと言いそうなことは極力やらないで無難に生きようとしてきました。



でもそれは、結局他の人たちと同じ道を歩んでいるに他ならないんですよね。



そうしてチャレンジしている人たちを観て、SNS上で陰口を言ったりする。



『あの人は無謀だ。』



と。あなたはそのように、達観してはいませんか?やる前から達観して、『どうせ無理』と考えるのはやめましょう。



やってみないとわからないんです。それで傷つくことはあると思います。苦しいことも沢山あると思います。



それでもそうした積み重ねがあなたという人間の器を大きくしてくれるんです。だからこそ、いろんな物事にチャレンジしてみることが大切なんです。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等があればお気軽にコメントをどうぞ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です