【実態】ランドマーク社のブレークスルーテクノロジーコース無料セミナーに参加しました

おはようございます(^^)八王子ケンジです。今日は、『【実態】ランドマーク社ブレークスルーテクノロジーコースの無料セミナーを受講』という投稿をします。

あなたは、

先日、ランドマーク社のブレークスルーテクノロジーコースの説明会兼無料セミナーに参加してきたので、そのレビューをしたいと思います。

ひとことでいうと、「なんか宗教っぽいな。」という感じだったんです(笑)



内容そのものを否定するわけではないんですけど、なんか本プログラムへの入会(16万円)促進のやり方があまりよくないなと思ったんです。



で、少し内容をかいつまんで説明すると・・・
  1. 基本的には無料セミナーを紹介した人と同伴参加
  2. ブレークスルーテクノロジーコースで人生を変えた方が講師として登壇
  3. ブレークスルーテクノロジーコースを受けるとどのように人生が変わるのか?その仕組を解説
  4. 他3名、立候補制でブレークスルーテクノロジーコース卒業生が体験談を語る
  5. 本プログラムへの加入促進タイム


おおまかにいうとこのような流れです。



で、実は、1の「紹介者と同伴参加」っていうのがひとつの肝なのですが、それは後述します。

まずは、2と3のブレークスルーテクノロジーコースで人生を変えた方の話。

これも結論から簡単に述べると、

「うだつの上がらない人生を送っていた私がブレークスルーテクノロジーコースを受講することで人生を変えて、こんなにも明るく楽しい人生を送れるようになりました。」

という話をしてくれます。

それから、ブレークスルーテクノロジーコースのおおまかな概要を。

簡単にいうと、

枠の中で掲げている目標を、枠の外から見ましょうということ。

いくら、目標を達成する前の自分が、目標達成を思い描いていても、思考が狭い考え方になってしまう。

そうではなくて、目標の外から夢を描く。



例えば、あなたが「月収100万円」という目標を描いているのであれば、それを、目標達成していない、今の視点から思い描いていても、現状の延長線上でしか目標を達成できない。



そうではなくて、目標を達成した視点から考える。

月収100万円達成した自分の、ゴールの姿から、『今足りないもの』を考えてみる。

つまり、ゴールの視点から今の自分に足りないものを考えて、いまやるべきことを考えるということ。



言葉で説明するのは難しいのですが、この内容はなかなかすごいなと思いました。



僕は、日本のコーチングの始祖である、苫米地英人さん(TOKYOMXテレビのワイドショー番組「バラいろダンディ」出演)のコーチングを受けたことがあるのですが、その中でも同じようなことを言っていました。



「常にゴールの外から考えること。」

「現状の外にゴールを求めよ。」



これは崇高な考えであり、また、自己実現を達成するためには必要な考え方で、非常に大切なことを思い出させていただいたような気がしました。



とても大事なことです。



で4の他の卒業生の話。

これは、会場に参加している「紹介者」であるブレークスルーテクノロジーコースの卒業生が立候補制でブレークスルーテクノロジーコースの体験談を語るというもの。

3名の方が登壇されて話していました。

内容としては、講師と同じようなものでした。

もともと、つらい過去があって、人生にかなり悩んでいた中で、ブレークスルーテクノロジーコースに出会って、参加して人生を大きく変えたというもの。

内容は、まぁ、うーん、よくあるセミナーの卒業生の話だと思いました(笑)

やたら、講師が時間間際になると、終了の合図を送ってくるのが気になりましたが(笑)



そして、問題なのが、5の本プログラムへの入会促進。

これが問題だと思いました。

本プログラムの参加費用は16万円。

この金額は言ったかどうか、忘れたくらい、言ったとしてもサラッと言ったくらいです。

講師がそのことを詳しく説明する必要がないんです。

ここで冒頭に戻って、1、「紹介者と共に無料セミナーに参加している」という点です。

基本的に、登壇している講師はブレークスルーテクノロジーコースの本プログラムの詳細はほとんど語らず、入会促進は紹介者に委ねます。

登壇者である講師が最後に語るのは、

「今から一緒に来ている同伴の方(紹介者)にこう訊いてみて下さい。『あなたは私にブレークスルーテクノロジーコースの本プログラムに参加してもらいたいですか?』と。」

これが問題。

紹介者との間柄は人によって違うでしょうが、基本的にそれなりにビジネス関係のある間柄が多い。

その人に、

「あなたは私にブレークスルーテクノロジーコースの本プログラムに参加してもらいたいですか?」

と聞いたら、十中八九

「はい」

と言われるのは当たり前。

あとでわかったことなんですけど、本プログラムの中で、

「ブレークスルーテクノロジーコースを人に紹介すればあなたのステージもどんどん上がります。」

みたいなことを言っているみたいなんです。

で、話を戻して、ビジネス関係である同伴者に、

「あなたにブレークスルーテクノロジーコースに参加してもらいたいです。」

なんて言われたら、断れません。

しかもですよ。

相手から、「あなたにブレークスルーテクノロジーコースに参加してもらいたいです。」って言われたらまだいいんです。

断りやすいんです。

自分から、

「あなたは私にブレークスルーテクノロジーコースの本プログラムに参加してもらいたいですか?」

と聞くことを矯正されるんです。

雰囲気的にそれを言わないことは許されない。

これが、「本プログラムへの参加を矯正されている」と思う僕の所以なんです。

ちなみに、同伴者がいなくて、自分ひとりで参加した方は、ブレークスルーテクノロジーコース本プログラム卒業生が、ひとりできた参加者を囲って、本プログラムへの加入を促進するみたいです。



いや、断れないって・・・。

結局、僕も、断りきれなくて、16万円、クレジットカードで登録して、本プログラムへ参加することになってしまいました。

「必要な経費だったんだ。」

と自分に言い聞かせて。。。



でも、その後、本プログラムが始まる前に、ブレークスルーテクノロジーコースの紹介者とのビジネス関係が解消して、結局、ブレークスルーテクノロジーコース本プログラムへの参加はキャンセルしました。

で、ランドマーク社にキャンセルの旨を伝えると、



「16万円の内、2万円はデポジットで頂いている金額なので返金出来ません。残りの14万円をご返金させていただきます。」



とのことでした。

残念に思う方もいるかもしれませんが、僕はまぁ、返金されないものだとばかり思っていたので、逆に嬉しかったくらいです(笑)



で、結論。

繰り返しますが僕はランドマーク社のブレークスルーテクノロジーコース、本プログラムには参加していません。

あくまで、無料体験セミナーに参加した上での感想なのですが・・・



『セミナー内容自体は勉強になるけれど、本プログラムへの加入の促進方法が酷い。』



ということです。

まぁ、きっと法律に触れない範囲でのことをやっているので問題ないんだと思います。

そして、さらに、結果それでブレークスルーテクノロジーコースの本プログラムに参加して、その人の人生が変われば良いのかもしれません。



でも、その本プログラムへの加入促進のやり方が問題。



『そんなに本プログラムに自信がないの?』



とつい思ってしまいたくなるような。



魅力的なプログラムなら、講師の話がすごく魅力的なら、そんな断りづらいような、本プログラムへの加入促進方法をとらなくても、自ずと参加者が集まってくるのでは?と思いました。

いずれにしても、僕は、もし、その「強制を強いる」ようなブレークスルーテクノロジーコース本プログラムへの加入促進方法がなかったら、キャンセルしていなかったかもしれません。

結局、その加入促進方法に後味の悪さを覚えて、やめました。

もし、あなたが、ブレークスルーテクノロジーコースの無料セミナーや、本プログラムへの参加を検討しているのであれば、正直あまりおすすめしません・・・



それよりも。



個人的にはアフィリエイトがおすすめです。

僕自身、月収20万円の会社員生活から抜け出して、アフィリエイトを始めて1年半で月収85万円の生活に変わりました。



誰でもできる。



なんて言うつもりは毛頭ありませんが、少なくとも、



『努力すれば成功を掴み取れるチャンスがある世界』



だと思っています。



アフィリエイトを始めたいと思っている方はこちらの塾がおすすめです。

僕もこの塾で道がひらけました。

アフィリエイトマスター講座(AMC)



また、すでにアフィリエイトを始めている方にはこれがおすすめ。

画像で他のサイトとの違いをつくることは今後のアフィリエイトには欠かせないスキルのひとつです。

3分で画像が作れる画像作成ツールGaraku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です